LibreOffice活用講座
創造するコンテンツと技術習得を重視しよう


Google
このサイト内の検索ツールです。

広告は別画面で表示されます

繰上返済

元利均等返済も、元金均等返済の場合も、いずれにしても、そのままでは、 気が遠くなるくらい、返済期間がかかります。
その間中、ずっとデフォルトの危機に怯えることになります。
これはさすがに辛いので、多くの人は、繰上して、残金を減らしてゆきます。

繰り上げ返済すると、当月以降の残高が、繰上返済の全額分減少します。
そして、繰上返済した分の利息が減ります。
繰上返済後は、元金が減った分、返済期間を圧縮する方法と、 返済期間を変えずに毎月の支払額を減らす方法とがあります。
その他にもあるかもしれませんが、住宅金融公庫は、こんな感じでした。

いずれにしても、繰上返済は、いいことずくめです。
すこし前に、繰り上げ返済するよりも、借入金利を上回る利率で運用するほうが得だ、 という記事を読みました。
本当にそんなうまい話があれば、それは正しいです。
しかし、預ける利息のほうが借りる利息より高いなんてそんなうまい話がある訳がなく、 元本割れのリスクをとるよりは、さっさと借金を減らすほうが賢明と思います。

なにより、借金している間中、デフォルトのリスクがあるのですから、 そのリスクは最大限減らすべきです。
また、デフォルトになる前に、1年分くらいは、収入がなくなっても払い続けられるだけの 預金を持つことも、デフォルトリスクを回避する有効な方法です。

次はようやくCalcを使いましょう。


<前のページに戻る次を読むインデックスに戻る>